江戸内湾四十四ヶ浦会合(読み)えどないわんしじゅうしかうらかいごう

世界大百科事典 第2版 「江戸内湾四十四ヶ浦会合」の意味・わかりやすい解説

えどないわんしじゅうしかうらかいごう【江戸内湾四十四ヶ浦会合】

江戸時代,江戸湾に臨む武蔵,相模上総下総の漁村四十四ヶ浦の名主総代が毎年春,内湾の操業秩序維持を図るため神奈川浦で開いた会合。1816年(文化13)6月,御菜七ヶ浦年番による毎年1回の参会旧来から慣習的に認められていた小職(こしよく)(小さい雑漁具類)を除く内湾使用漁具三十八職制の限定と新漁具の停止,浦方違反者の糾弾と処分,を議定した協定を初めとする。観音崎と富津崎以北を指す江戸内湾の漁業は,従来から湾内を自由な入会漁場とする八十四ヶ浦と,地先浅海の肥取漁(肥料採取のための採藻漁獲)のみを許された18の磯付村々とで行われてきたが,後者の沖漁場への侵漁で,浦方との間に漁場紛争が多発した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android