江木 衷(読み)エギ チュウ

20世紀日本人名事典 「江木 衷」の解説

江木 衷
エギ チュウ

明治・大正期の弁護士,法律学者 東京弁護士会会長。



生年
安政5年9月19日(1858年)

没年
大正14(1925)年4月8日

出生地
周防国岩国(山口県)

学歴〔年〕
東京大学法科〔明治17年〕卒

学位〔年〕
法学博士〔明治33年〕

経歴
明治17年警視庁に入り、のち司法省、農商務省外務省に勤務。24年品川彌二郎内務大臣秘書官。かたわら18年英吉利法律学校(現・中央大学)を創設教鞭を執った。民法典論争では英法派・延期派の代表として磯部四郎らと論争した。26年弁護士を開業、東京弁護士会会長。大正8年臨時法制審議会委員、9年陪審法調査会委員。一方森槐南、本田種竹らと一詩社を設立、「冷灰漫筆」「山窓夜話」などで政治を批判した。妻江木欣々は元新橋芸者で、社交界の名花。著書に「刑法原理」「刑法汎論」「陪審制度論」「国家道徳論」「法律解剖学」「法理学講義」「治罪原論」「民事訴訟法論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典 「江木 衷」の解説

江木 衷 (えぎ ちゅう)

生年月日:1858年9月19日
明治時代;大正時代法律家。東京弁護士会会長
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android