泰然(読み)たいぜん

精選版 日本国語大辞典 「泰然」の意味・読み・例文・類語

たい‐ぜん【泰然】

〘形動タリ〙 落ち着いて物事に動じないさま。自若
※清原国賢書写本荘子抄(1530)七「泰定は泰然として胸中の定るもの也」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「泰然たるものだ」 〔元史‐許衢伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「泰然」の意味・読み・例文・類語

たい‐ぜん【泰然】

[ト・タル][文][形動タリ]落ち着いていて物事に驚かないさま。「泰然として構える」「泰然たる態度」
[類語]落ち着く平気平静冷静事も無げ平ちゃら平気の平左無頓着むとんじゃく大丈夫悠然自若じじゃく平然冷然恬然てんぜんけろりとしれっとしゃあしゃあぬけぬけのめのめおめおめ事ともせず何のその何処どこ吹く風河童かっぱ痛くもかゆくもないでんとどっしりどっかとどっかり沈着悠揚綽然しゃくぜん悠悠浩然腰を据える太っ腹堂堂正正堂堂毅然広い寛闊かんかつ寛大寛容寛弘かんこう広量大様おおよう大らかおっとりさりげない何気ないそれとなくそれとなしに何心ない遠回し気軽い何とはなし鷹揚おうよう磊落らいらく開豁かいかつ闊達豪胆豪放剛毅放胆大胆雅量大量泰然自若肝が据わる腹が据わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「泰然」の読み・字形・画数・意味

【泰然】たいぜん

おちついていて動揺しないさま。〔金史、顔盞門都伝〕門、性忠厚愨(きんかく)、營壁を安置して、尤も能く愼密なり。の忽ち來ることり、矢石に至ると雖も、泰然自たり。

字通「泰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android