涙雨(読み)なみだあめ

精選版 日本国語大辞典 「涙雨」の意味・読み・例文・類語

なみだ‐あめ【涙雨】

〘名〙
① 悲しみの涙が化して降ると思われる雨。涙の雨。
浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)夢路こま「与作思へば照る日も曇る、関の小万が涙雨か」
※雑俳・柳多留‐三七(1807)「都鳥今に吾妻のなみだ雨」
③ ほんの少しだけ降る雨。

るい‐う【涙雨】

〘名〙 はげしく流れる涙。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「涙雨」の意味・読み・例文・類語

なみだ‐あめ【涙雨】

悲しみの涙が化して降ると思われる雨。
ほんの少し降る雨。
[類語]雨天荒天悪天雨空梅雨空雨降り雨催い雨模様遣らずの雨降雨一雨お湿り慈雨山雨小雨微雨細雨煙雨霧雨糠雨小糠雨大雨・どか雨・篠突く雨風雨暴風雨豪雨強雨雷雨にわか雨通り雨村雨驟雨夕立白雨スコール照り降り雨日照り雨天気雨狐の嫁入り春雨はるさめ春雨しゅんう卯の花腐し五月雨さみだれ五月雨さつきあめ地雨長雨淫雨霖雨涼雨秋霖秋雨時雨初時雨村時雨氷雨冷雨雨氷酸性雨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android