(読み)えき

精選版 日本国語大辞典 「液」の意味・読み・例文・類語

えき【液】

〘名〙 水のように流動する物質液体。汁。〔医語類聚(1872)〕〔史記‐扁鵲伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「液」の意味・読み・例文・類語

つゆ【液/汁】

えき。しる。「果物の―」
水け。「―を切る」
吸い物すまし汁関西では味噌汁も含めていう。「豆腐のお―」
蕎麦そば素麺そうめん・てんぷらなどのつけ汁。「天―」「そば―」
[類語](1液体流動物流動体液汁汁液溶液水溶液粘液廃液乳液原液薬液固体気体流体リキッドガス固形かたまり剛体弾性体

えき【液】

水や油のような、形のない流動する物体。液体。
[類語]液体固体気体流動物流動体液汁汁液しるつゆ溶液水溶液粘液廃液乳液原液薬液リキッドガス固形かたまり剛体弾性体

えき【液】[漢字項目]

[音]エキ(漢)
学習漢字]5年
流動性の物質。汁。「液化液汁液状液体胃液血液原液樹液唾液だえき体液乳液粘液薬液溶液

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android