渓流(読み)ケイリュウ

デジタル大辞泉 「渓流」の意味・読み・例文・類語

けい‐りゅう〔‐リウ〕【渓流/×谿流】

谷川の流れ。谷川。
[類語]谷川小川細流せせらぎ河川大河大江江河大川おおかわ大川たいせん山川流れ川面水面どぶ川氷河川面かわづら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「渓流」の読み・字形・画数・意味

【渓流】けいりゆう(りう)

谷川の流れ。唐・孫逖〔竜湍を尋ぬ〕仙跡をぬ 輕舟、水を愛す 溪一曲して盡き 山路、九峯長し

字通「渓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション 「渓流」の解説

けいりゅう【渓流】

長野日本酒大吟醸酒は全国新酒鑑評会などで受賞実績多数。ほかに昔ながらの製造で醸造される活性にごり酒「どむろく」や純米酒本醸造酒など。原料米はトドロキ、白樺錦、山田錦など。仕込み水は菅平根子岳の伏流水蔵元の「遠藤酒造場」は元治元年(1864)創業。所在地は須坂市大字須坂。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラス 「渓流」の解説

渓流

長野県、株式会社遠藤酒造場の製造する日本酒。全国新酒鑑評会で金賞の受賞歴がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android