渓谷(読み)ケイコク

デジタル大辞泉 「渓谷」の意味・読み・例文・類語

けい‐こく【渓谷/×谿谷】

山にはさまれた、川のある所。たに。たにま。「紅葉の―をさかのぼる」
[類語]峡谷幽谷空谷谷間たにま谷間たにあい渓間狭間谷地谷戸やつ山峡雪渓谷底窪地低地クレバス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「渓谷」の意味・読み・例文・類語

けい‐こく【渓谷・谿谷】

  1. 〘 名詞 〙 山にはさまれた川のある所。谷。谷間
    1. [初出の実例]「閑閑たる渓谷に、思ひ嘆きに沈めども」(出典:源平盛衰記(14C前)一一)
    2. [その他の文献]〔史記‐春申君伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「渓谷」の読み・字形・画数・意味

【渓谷】けいこく

山谷。楚・宋玉〔風の賦〕夫(そ)れ風は地に生じ、(せいひん)の末にり、谿谷にす。

字通「渓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android