湖上(読み)こじょう

精選版 日本国語大辞典 「湖上」の意味・読み・例文・類語

こ‐じょう ‥ジャウ【湖上】

〘名〙 (古くは「こしょう」か) みずうみの上。または、みずうみのほとり。
海道記(1223頃)序「湖上に船を望めば心興にのり、野庭に馬をいさめて手鞭をかなづ」 〔白居易‐春題湖上詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「湖上」の意味・読み・例文・類語

こ‐じょう〔‐ジヤウ〕【湖上】

湖の上。
湖のほとり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「湖上」の読み・字形・画数・意味

【湖上】こじよう(じやう)

湖のほとり。また、湖の上。唐・盧綸〔吉中孚校書の、楚州の旧山に帰るを送る〕詩 (かぢ)を竝べて湖上にび 檣(ほばしら)をねて中に泊す

字通「湖」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android