湖出市十郎(1世)(読み)こいでいちじゅうろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「湖出市十郎(1世)」の意味・わかりやすい解説

湖出市十郎(1世)
こいでいちじゅうろう[いっせい]

[生]?
[没]1800
長唄唄方。1世吉住小三郎および1世富士田吉次に師事明和5 (1768) 年,湖出市十郎と称する。メリヤスを得意とする。天明4 (84) 年,江戸中村座の顔見世興行地歌を江戸化したメリヤス『黒髪』を歌って名をあげた。なお,湖出市十郎は湖出派の家元名でもあり,3世まで続いたが,現在は絶えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android