満干(読み)みちひ

精選版 日本国語大辞典 「満干」の意味・読み・例文・類語

みち‐ひ【満干】

〘名〙 海水が満ちることと干ること。満潮干潮。みちしおとひきしお。また、おしよせてくることと、引いていくこと。みちひき。干満(かんまん)。比喩的に、物事度合が強まったり、弱まったりすることにもいう。
平家(13C前)二「社はわだづみのほとりなれば、塩のみちひに月ぞすむ」

まん‐かん【満干】

〘名〙 潮がみちることと、ひくこと。潮のみちひ。干満。
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉一「今の海潮には満干の時刻あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「満干」の意味・読み・例文・類語

みち‐ひ【満(ち)干】

海水の満ちることと干ること。満潮と干潮。干満かんまん。満ち引き。「潮の満ち干の差が大きい」
[類語]うしお高潮たかしお高潮こうちょう満潮満ち潮干潮引き潮潮汐干満満ち引き上げ潮出潮下げ潮入り潮退潮大潮小潮赤潮

まん‐かん【満干】

満潮と干潮。潮のみちひ。干満。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android