激突(読み)げきとつ

精選版 日本国語大辞典 「激突」の意味・読み・例文・類語

げき‐とつ【激突】

〘名〙 はげしくぶつかり合うこと。はげしくつき当たること。
弔花(1935)〈豊田三郎〉「運転を誤って、電柱へ激突したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「激突」の意味・読み・例文・類語

げき‐とつ【激突】

[名](スル)はげしい勢いで突き当たること。「優勝候補同士の激突」「車が壁に激突する」
[類語]戦う争う渡り合う切り結ぶ交戦合戦かっせん会戦衝突戦闘一戦を交える砲火を交える兵刃へいじんを交える干戈かんかを交える奮戦奮闘当てるぶつける打ち付ける打ち当てる突き当てる突っかかる突っかける命中的中百発百中体当たり一撃打撃強打痛打連打乱打滅多打ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android