無性(読み)むしょう

精選版 日本国語大辞典 「無性」の意味・読み・例文・類語

む‐しょう ‥シャウ【無性】

〘名〙
[一] 仏語
実体としての自性がないこと。
※性霊集‐一〇(1079)十喩詩「因縁尋覓曾无性、不生不滅无終始」 〔唯識三十論頌〕
仏性のないこと。さとりをひらく本性をもたないこと。また、そのような有情。⇔有性(うしょう)
※大乗法相研神章(822頃)四「大乗基師、立比量云。所説無性、決定是有 宗。有無二性、聖所説随一摂故 因。如有性 喩」 〔入楞伽経‐二〕
③ 執着されるようなものの存在しないこと。空をいう。
※歩船鈔(1362)本「この一心をたづぬるに、その体無性にして、しかも染浄の体となる」
[二] (形動) (実体がないこと、正体のないことから転じて)
分別のないさま。道理のわからないこと。でたらめ。
※結城氏新法度(1556)七七条「神事祭礼之場之けんくわ、何と聞候も理非なしの酒くるい也。然者無体無性之義、何と可侘言候哉」
② その行為・状態が前後の脈絡もなく激しく行なわれること。また、そのさま。むやみやたら。
歌謡田植草紙(16C中‐後)晩歌一番「はりまかいとうまわるといふもむしゃうよ」
浄瑠璃傾城反魂香(1708頃)中「めでたいめでたいとあをぎ立れば、アアむしゃうにめでたがるまい
滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「わたしのおっかさんはきついからむせうとお叱りだよ」

む‐せい【無性】

〘名〙 下等動物などで、雌雄の性の区別のないこと。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「無性」の意味・読み・例文・類語

む‐しょう〔‐シヤウ〕【無性】

[名]仏語。
《「無自性」の略》実体のないこと。
《「無仏性」の略》仏性のないもの。悟りを開く素質のないもの。⇔有性うしょう
[名・形動ナリ]分別のないこと。理性のないこと。また、そのさま。
「朝精進をして、昼からは―になって」〈浮・三所世帯〉

む‐せい【無性】

生物で、雌雄の区別がないこと。⇔有性
[類語]有性雌雄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android