爪楊枝(読み)ツマヨウジ

デジタル大辞泉 「爪楊枝」の意味・読み・例文・類語

つま‐ようじ〔‐ヤウジ〕【爪×楊枝】

歯にはさまった物を取ったり、食物を刺したりするための小さい楊枝。こようじ。
[類語]楊枝高楊枝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「爪楊枝」の意味・読み・例文・類語

つま‐ようじ‥ヤウジ【爪楊枝】

  1. 〘 名詞 〙 歯の間にはさまった物を取り去ったり、食物を刺したりするのに用いる楊枝。小ようじ。→ようじ(楊枝)
    1. [初出の実例]「こぎくの五折、爪楊枝(ツマヤウジ)をさしこみ」(出典浮世草子傾城色三味線(1701)大坂)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳 「爪楊枝」の解説

爪楊枝

歯垢を取るために僧侶が用いた道具総楊枝(ふさようじ)」は、楊柳の枝を材料とし(「楊枝」)、その枝の先をたたいて“ふさ”(「総」)状にしたもの。これが先のとがったものになったことで、先端を意味する「つま」が加わったと考えられる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

食器・調理器具がわかる辞典 「爪楊枝」の解説

つまようじ【爪楊枝】

歯の間に詰まったものを取り除いたり、食物を刺したりするのに用いる、先の尖ったようじ。◇「小ようじ」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報