王城(読み)オウジョウ

デジタル大辞泉 「王城」の意味・読み・例文・類語

おう‐じょう〔ワウジヤウ〕【王城】

帝王の居住する城。王宮。また、その所在地
[類語]皇居御所宮城宮中内裏王宮宮殿宮廷離宮禁中禁裏畏き辺り大内山雲上雲の上九重ここのえ行宮あんぐう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「王城」の意味・読み・例文・類語

おう‐じょうワウジャウ【王城・皇城】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 帝王の住む城。皇居。内裏(だいり)
    1. [初出の実例]「天智天皇、寺つくらむの御願あり。此時に王城は近江の国大津の宮にあり」(出典:観智院本三宝絵(984)下)
    2. 「重て勅に〈略〉早く皇城の南面の諸門の額を可書しと」(出典:今昔物語集(1120頃か)一一)
  3. 皇居のある所。都。帝都。
    1. [初出の実例]「神の駆者(みさき)の現ずるは、〈略〉王城響かいたうめる鬢頬(びづら)結ひの、一童や」(出典梁塵秘抄(1179頃)二)
    2. 「京の町も、様々の年の暮、初春の哥案じけるなど、流石(さすが)王城(ワウジャウ)風俗なれ共」(出典:浮世草子日本永代蔵(1688)五)
    3. [その他の文献]〔張衡‐東京賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「王城」の読み・字形・画数・意味

【王城】おうじよう(わうじやう)

みやこ。唐・杜甫〔新安の吏〕詩 中男は(はなは)だ短小なり 何を以てか王を守らん

字通「王」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android