生類(読み)しょうるい

精選版 日本国語大辞典 「生類」の意味・読み・例文・類語

しょう‐るい シャウ‥【生類】

〘名〙
生命のあるもの。いきもの。生物。せいるい。
※観世音菩薩受記経跋‐天平六年(734)「由是仰憑三宝、帰依一乗、敬写一切経、巻軸已訖、読之者、以至誠心、上為国家、下及生類、乞索百年、祈祷万福」
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)四「ヲヲ我迚も生類(シャウルイ)の、恩愛の節義身にせまる」 〔列子‐説符〕
連俳の分類用語。人倫に対して動物(うごきもの)をいう。
※連歌新式追加並新式今案等(1501)「可打越物〈略〉生類に贄 依句体神祇云々」

せい‐るい【生類】

〘名〙 いきもの。生物。しょうるい
社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「公の生類(セイルイ)御憐愍を悪くいふ奴があるが〈略〉動物保護人道大義に協(かな)ってるものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「生類」の意味・読み・例文・類語

しょう‐るい〔シヤウ‐〕【生類】

命のあるもの。いきもの。
[類語]生き物動物生きとし生けるもの有情うじょう衆生しゅじょう生物・有情物・有機体動植物微生物

せい‐るい【生類】

しょうるい(生類)」に同じ。
「公の―御憐愍ごれんみんを悪くいう奴」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「生類」の読み・字形・画数・意味

【生類】せいるい・しよう(しやう)るい

生きもの。〔宋史、食貨志上一〕火田の禁、はして禮經に在り。~其の或いは昆蟲未だ蟄(ちつ)せず。(しげ)し。輒(すなは)ち縱(ほしいまま)に原を燎(や)かば、則ち生を傷(やぶ)らん。~十の後を須(ま)ちて、方(はじ)めて火を縱(はな)つを得しめよ。

字通「生」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android