用途(読み)ヨウト

デジタル大辞泉 「用途」の意味・読み・例文・類語

よう‐と【用途】

物や金銭などの使いみち。「用途の広い製品」
[類語]使い先使途使い道使い方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「用途」の意味・読み・例文・類語

よう‐とう【用途】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「ようどう」とも ) =ようど(用度)
    1. [初出の実例]「車の力をむくふほかには、さらに他のようとういらず」(出典:方丈記(1212))

よう‐と【用途】

  1. 〘 名詞 〙 使用のみち。使いみち。用いどころ。
    1. [初出の実例]「用途はおもに火薬、セルロイド、模造皮などの工業向きだ」(出典:断橋(1911)〈岩野泡鳴〉一一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「用途」の読み・字形・画数・意味

【用途】ようと

費用

字通「用」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の用途の言及

【銭】より

…明銭の洪武通宝,永楽通宝,宣徳通宝などは中国銭のなかでも最も代表的なものである。中国渡来銭の流通が軌道に乗るようになると,室町時代には中国銭を形態のうえから阿堵(あと),鳥目(ちようもく),鵝眼(ががん)などと呼び,また使用の面から御脚,用途,料足などととなえるようになった。中国銭の国内通用が盛んになると,中国官鋳制銭をモデルにして造られた私鋳銭や模造銭が現れ,官銭は一般に良銭,精銭と呼ばれ,私鋳銭,模造銭は悪銭または鐚銭(びたせん)ととなえられた。…

※「用途」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android