田中 隆吉(読み)タナカ リュウキチ

20世紀日本人名事典 「田中 隆吉」の解説

田中 隆吉
タナカ リュウキチ

大正・昭和期の陸軍少将



生年
明治26(1893)年7月9日

没年
昭和47(1972)年6月5日

出身地
島根県安来市

学歴〔年〕
陸士〔大正3年〕卒,陸大〔大正11年〕卒

経歴
大正3年第23連隊付、12年参謀本部付、昭和2〜7年北京、張家口、上海に研究員として駐在。7年1月上海で日本人僧侶襲撃事件を画策、これにより第1次上海事変を引き起こした。同年野砲第4連隊大隊長、10年関東軍参謀となり、11年の綏遠事件、13年7月の張鼓峰事件の主動的役割を果たした。14年兵務課長、15年陸軍少将、第1軍参謀長から兵務局長となったが、首相兼陸相の東条英機対立、17年9月予備隊編入。20年3月召集、羅津要塞司令官で敗戦。戦後、極東軍事裁判(東京裁判)の検事側証人として軍部の内幕暴露の証言を行った。著書に「太平洋戦争敗因を衝く」「日本軍閥暗闘史」「裁かれる歴史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典 「田中 隆吉」の解説

田中 隆吉 (たなか りゅうきち)

生年月日:1893年7月9日
大正時代;昭和時代の陸軍軍人。陸軍少将
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android