甲板(読み)コウハン

デジタル大辞泉 「甲板」の意味・読み・例文・類語

こう‐はん〔カフ‐〕【甲板】

船の上部にあって、鉄板または木板を張りつめた広く平らな床。デッキかんぱん
[類語]甲板かんぱんデッキ

こう‐いた〔カフ‐〕【甲板】

机・棚などの上面の板。
神社建築などで、鰹木かつおぎを支えるために、棟に沿って渡してある長い厚板。

かん‐ぱん【甲板】

こうはん(甲板)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「甲板」の意味・読み・例文・類語

かん‐ぱん【甲板】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「かん」は「甲」の唐宋音 )
  2. 船の上部にあって、梁(はり)に木または鉄板を一面に敷きわたした広く平らな床(ゆか)。デッキ。こうはん。〔和英語林集成初版)(1867)〕
  3. 江戸時代、弁才造荷船の三の間の上に設けた亀の甲状水密板張りかっぱ

こう‐はんカフ‥【甲板】

  1. 〘 名詞 〙 船の上部にあって、梁(はり)に木または鉄板を一面にしきわたした平らな床(ゆか)。かんぱん。
    1. [初出の実例]「甲板(〈注〉カンパン)上に睡り」(出典:西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八)

こう‐いたカフ‥【甲板】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 机、台、棚などの上面の板。
  3. 神社建築などで、鰹木(かつおぎ)をのせるために棟に沿って取りつけられる長い板材。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「甲板」の意味・わかりやすい解説

甲板 (こうはん)

〈かんぱん〉あるいはデッキdeckとも呼ばれる。船体の深さ方向に対して水平に設けられる板状の構造物で,船体に水密性,強度,剛性を与えるとともに,乗客・乗組員の居住,貨物の積付け,船体に装備される各種の機械装置の設置に必要な床と区画を提供する。一般に,複数の甲板が層状に設けられるが,もっとも重要なのは最上層の全通甲板であり,これを上甲板という。乾玄を測る基準となる甲板を乾玄甲板というが,通常,上甲板がこれにあたる。一般商船で上甲板上に船楼が存在する場合には船楼甲板が設けられ,船首楼の甲板を船首楼甲板船尾楼の甲板を船尾楼甲板と呼ぶ。これら船楼は船体の側面形状に特徴を与え,船楼がない場合を平(ひら)甲板船,船首楼のみの場合を船首楼付平甲板船,両方が存在する場合を凹甲板船またはウェル甲板船,船首尾以外に船体中央部付近にも船楼をもつものを三島型船と呼んでいる。上甲板上あるいは船楼甲板上には甲板室のために複数の甲板が設けられるが,このうち最上層の操舵室のある甲板を航海船橋甲板,その屋根をコンパス甲板という。上甲板の下に甲板が設けられる場合には,通常,下方へ順次第2甲板,第3甲板などと名付けられる。最上層に設けられ,外気,外海にさらされる甲板は暴露甲板と呼ばれ水密にされる。

 甲板の構造は,桁で支持された梁(はり)の上に鋼板あるいは木などを張りつめたもので,甲板上に加えられる荷重に対して必要な強度と剛性をもつものでなければならない。さらに,外板と結合する甲板は縦強度を分担支持するので,それらのうちの最上層の甲板を強力甲板と呼び,船体強度上の重要構造となる。一般に上甲板が強力甲板となるが,十分に長い船楼甲板がある場合は,その部分では船楼甲板が強力甲板となる。
執筆者:


甲板 (かんぱん)

甲板(こうはん)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「甲板」の意味・わかりやすい解説

甲板
こうはん
deck

かんぱん,デッキ。建築物の各階の床に相当する船内の床で,甲板梁の上に鋼板または木板を張って上下に分ち,居住,作業の場所,機械,貨物の積載場所となる主要な部分である。構造上,船体の縦強度を受持ち,風雨,波浪,日光に対して強度と水密性が要求される。鋼甲板と木甲板があり,木甲板にはチーク,ケヤキなどの硬材と,マツ,ヒノキ,スギなどの軟材のものがある。客船では居住区と通行部分は普通鋼甲板とする。最上全通甲板を上甲板といい,それから下方のものを順に第2甲板,第3甲板と呼ぶ。その他用途,位置,形状によって,船橋甲板,遊歩甲板,ボート甲板,コンパス甲板,乾舷甲板,遮浪甲板,隆起甲板,平甲板,台甲板などいろいろな名称がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「甲板」の意味・わかりやすい解説

甲板【こうはん】

〈かんぱん〉,デッキとも。船の肋骨(ろっこつ)を結ぶ梁(はり)の上に鋼板,木板を張った床。構造上は全体の剛性と縦の強度を与える。海水浸入防止,荷物の積載,構造物保持などの役目をもつ。大型船では多層の甲板があり,位置,用途によって上甲板,下甲板,ボート甲板,遊歩甲板,船橋楼甲板などと呼ぶ。
→関連項目航空母艦造船

甲板【かんぱん】

甲板(こうはん)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の甲板の言及

【甲板】より

…船体の深さ方向に対して水平に設けられる板状の構造物で,船体に水密性,強度,剛性を与えるとともに,乗客・乗組員の居住,貨物の積付け,船体に装備される各種の機械装置の設置に必要な床と区画を提供する。一般に,複数の甲板が層状に設けられるが,もっとも重要なのは最上層の全通甲板であり,これを上甲板という。乾玄を測る基準となる甲板を乾玄甲板というが,通常,上甲板がこれにあたる。…

【船体構造】より

…船体には,必要とされるこれらの強度を十分にもつとともに,その船の用途に適した構造が採用される。船体強度
[構造形式]
 貨物船の船倉は,その船種に応じてそれぞれの貨物の積載と荷役に適した固有の構造様式となっているが,船体構造という観点から機能別に分解すると甲板構造,船底構造,船側構造,隔壁構造という共通の構造部分に大別することができる。甲板は船体の深さ方向に対して水平に設けられる板状の構造物である。…

※「甲板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android