男爵(読み)だんしゃく

精選版 日本国語大辞典 「男爵」の意味・読み・例文・類語

だん‐しゃく【男爵】

〘名〙
① もと五爵(公・侯・伯・子・男)の第五位にあたる爵位世襲制であった。ヨーロッパ諸国の貴族制度における「バロン」「フライヘル」などの訳語としても用いる。
西洋雑誌‐五(1868)英吉利王并嗹王系譜「オウグステ 男爵ブクキセン、ヒネケに嫁す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「男爵」の意味・読み・例文・類語

だん‐しゃく【男爵】

もと五等爵の第五位。→
男爵芋」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「男爵」の解説

男爵

全国、とくに東日本で生産されるジャガイモ。でんぷん質が多く、ほくほくとした食感で、コロッケ、粉ふき芋などに向く。明治期に、川田龍吉男爵がイギリスから持ち込んだ「アイリッシュ・コブラー」が定着したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通 「男爵」の読み・字形・画数・意味

【男爵】だんしやく

五等の爵の一。

字通「男」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android