画策(読み)かくさく

精選版 日本国語大辞典 「画策」の意味・読み・例文・類語

かく‐さく クヮク‥【画策】

〘名〙 はかりごとをめぐらすこと。計画を立てること。もくろみ。計画。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「阿善に入て連結の画策を施さんと欲し」 〔揚雄解嘲

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「画策」の意味・読み・例文・類語

かく‐さく〔クワク‐〕【画策】

[名](スル)はかりごとをめぐらすこと。ひそかに計画を立てること。また、その計画。「陰であれこれ画策する」
[類語]陰謀策略計略作戦謀略はかりごと企み策動術策権謀謀計奸策詭計深謀遠謀深慮悪だくみわな機略

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「画策」の読み・字形・画数・意味

【画策】かく(くわく)さく

はかりごとをする。〔史記、魯仲連伝〕魯仲は齊の人なり。奇俶儻(てきたう)の畫策を好み、仕官任を肯(がへ)んぜず。好みて高を持す。

字通「画」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android