留岡 清男(読み)トメオカ キヨオ

20世紀日本人名事典 「留岡 清男」の解説

留岡 清男
トメオカ キヨオ

昭和期の教育者,教育学者 元・北海道家庭学校校長;元・北海道大学教授。



生年
明治31(1898)年9月16日

没年
昭和52(1977)年2月3日

出生地
東京府北豊島郡巣鴨(現・東京都豊島区)

学歴〔年〕
東京帝大文学部哲学科〔昭和12年〕卒

経歴
社会事業家・留岡幸助の四男。東京農業大学、法政大学教授となったが、昭和4年父の病気で非行少年更生施設・北海道家庭学校を継ぎ、教育農場を運営。一段落の後、8年から城戸幡太郎に協力、雑誌「教育」を創刊、12年教育科学研究会を設立した。17年に大政翼賛会青年部副部長、翼賛青年団理事、18年日本出版会理事などを務めたが、戦後、家庭学校に復帰、校長、理事長に就任した。一方、27〜37年北海道大学教育学部教授、46〜47年北星学園女子短大学長、旭川大学教授などを歴任。北海道家庭学校は50年度社会福祉賞を受けた。著書に「生活教育論」「村づくりと人」「教育農場五十年」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典 「留岡 清男」の解説

留岡 清男 (とめおか きよお)

生年月日:1898年9月16日
昭和時代の教育者;教育学者。北海道家庭学校校長;北海道大学教授
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android