(読み)ルーブル

精選版 日本国語大辞典 「留」の意味・読み・例文・類語

ルーブル【留】

〘名〙 (rubl' ruble)⸨ルーブリロシアの通貨単位。一三世紀以降の帝政ロシアソビエト連邦などの貨幣単位の一つ。一ルーブルは一〇〇カペイカにあたる。記号R
輿地誌略(1826)一「一爾白爾(ルーベル)は、百格(コペイカ)にして」

りゅう リウ【留】

〘名〙 天文学で、順行逆行の移りかわるときに、惑星一時停止して見えること。また、その時刻位置
※遠西観象図説(1823)下「西行して十二宮を逆行するの時あり、之を退と云ふ。留止(〈注〉とどまり)して移らざるの時あり、之を留と云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「留」の意味・読み・例文・類語

りゅう【留】[漢字項目]

[音]リュウ(リウ)(漢) (呉) [訓]とめる とまる とどめる とどまる ルーブル
学習漢字]5年
リュウ
その場所にとめておく。その位置から動かない。とどまる。「留置留任遺留慰留寄留拘留在留残留滞留駐留停留逗留とうりゅう保留抑留
(「」の代用字)蒸発分を冷却して成分を分離・精製する。「乾留蒸留分留
〈ル〉とどまる。「留守るす
[名のり]たね・と・とめ・ひさ
難読歌留多カルタ

ルーブル(〈ロシア〉rubl'/〈英〉ruble)

ロシア連邦などの通貨単位。1ルーブルは100カペイカ。
[補説]「留」とも書く。

りゅう〔リウ〕【留】

惑星が、順行から逆行へ、または逆行から順行へ変わるときに、一時停止して見えること。また、その時刻・位置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「留」の意味・わかりやすい解説

留 (りゅう)
stationary

天文用語。地球上から惑星の動きを観測したとき,天球上での惑星の赤経方向の見かけの動きが0となるときをいう。惑星の赤緯方向の動きは非常に小さいので,留のときには,見かけの動きは全体としてほぼ0である。惑星の見かけの動きは,留を境として,順行(西から東へ動く)から逆行(東から西へ動く)へ,あるいは逆行から順行へと移り変わる。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「留」の意味・わかりやすい解説

留【りゅう】

惑星がみかけ上天球に一時停止する(赤経が変わらない)状態,またその時期。順行(天球上を西から東へ移る)から逆行に転じる場合と,その逆の場合がある。外惑星では留からを経て留になる間は逆行する。内惑星最大離角付近で留になる。
→関連項目視運動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「留」の意味・わかりやすい解説


りゅう
stationary

天球上の惑星の運動で,順行から逆行,および逆行から順行に移るとき東西方向への運動が一時停止すること。1会合周期の間に2回起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「留」の意味・わかりやすい解説


りゅう

惑星が天球上を運行中に、順行から逆行へ、または逆行から順行へ移る際に停止するようにみえる現象、あるいはその時刻をいう。詳しくは、惑星の地心視赤経の変化がゼロとなったとき、と定義されている。

[村山定男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内のの言及

【指物】より

…指物の基礎的手法は,すでに正倉院の木工においておおむね行われており,その伝統は現在にも引き継がれている。指物における基本的手法には,矧手(はぎて),端喰(はしばみ)(端嵌(はしばめ)),留(とめ),組手(くみて)などがある。矧手は主として所要の幅をうるための板材のはぎ合せ法で,芋付(いもつけ)(胴付矧(どうづけはぎ))と斜付(ななめつけ)は,ともに補強のために太枘(だぼ)あるいは空木(うつぎ),竹釘を挿入し,千切(ちぎり)を嵌入することもある。…

※「留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android