盟主(読み)めいしゅ

精選版 日本国語大辞典 「盟主」の意味・読み・例文・類語

めい‐しゅ【盟主】

〘名〙 同盟主宰者仲間なか中心となる者。
太平記(14C後)四「越王〈略〉、覇者の盟(メイ)主と成しかば」
※俳諧・古今短冊集(1751)跋「誹管仲と呼て論中の盟主となさむ歟」 〔春秋左伝‐襄公二六年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「盟主」の意味・読み・例文・類語

めい‐しゅ【盟主】

同盟の主宰者。仲間のうちで中心となる人物や国。「盟主と仰ぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「盟主」の読み・字形・画数・意味

【盟主】めいしゆ

盟約の主持者。盟首。〔左伝、昭二十三年〕謂(いはゆる)とは、命に(たが)ふを討つなり。(も)し皆相ひ執らば、焉(いづく)んぞを用ひん。

字通「盟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android