相撲奉行(読み)すもうぶぎょう

精選版 日本国語大辞典 「相撲奉行」の意味・読み・例文・類語

すもう‐ぶぎょう すまふブギャウ【相撲奉行】

〘名〙 中世近世幕府や諸大名家で相撲を行なう時に、臨時に置かれた職名。相撲の儀式を掌り、行司の任にも当たった。
※室町殿物語(1706)一二「八月十五日秀次公は〈略〉相撲奉行の丹州を召されて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「相撲奉行」の意味・読み・例文・類語

すもう‐ぶぎょう〔すまふブギヤウ〕【相撲奉行】

武家時代、相撲を行うときに臨時に置かれた職。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android