真っ向(読み)マッコウ

デジタル大辞泉 「真っ向」の意味・読み・例文・類語

まっ‐こう〔‐カウ〕【真っ向】

《「まっかく抹額)」の音変化で「真っ向」は当て字か》
正面。「真っ向から打ちかかる」
額のまん中。「刀を真っ向に振りかざす」
(「真っ甲」とも書く)かぶとの鉢の正面。
かぶとの―打ち割られ」〈平家一一
[類語]正面真ん前向かい真正面前方真向かい真向きまとも

めっ‐こう〔‐カウ〕【真っ向】

まっこう」の音変化。
「―打ち割る、頭を砕く」〈浄・国性爺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android