眼識(読み)げんしき

精選版 日本国語大辞典 「眼識」の意味・読み・例文・類語

げん‐しき【眼識】

〘名〙 (「げん」は「眼」の呉音) 仏語六識一つ。眼によって、その対象としての外界形状色彩などを識別する作用
※入道右大臣集(1065頃)「さくら花第四上慮にもしさかばしものけんしきかりてえんせん」 〔大智度論一二

がん‐しき【眼識】

〘名〙 物事性質善悪美醜などを見わけることのできる鑑定眼。眼力鑑識眼。→げんしき
一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「百年を洞破する眼識は、皆無なりし也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「眼識」の意味・読み・例文・類語

がん‐しき【眼識】

物事のよしあしや真偽などを見分ける能力識見。「眼識のある人」
[類語]目利き洞察先見明察識見見識炯眼けいがん活眼慧眼眼力眼光心眼達眼審美眼目が高い目が利く目が肥える・鑑識眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「眼識」の読み・字形・画数・意味

【眼識】がんしき

めきき。

字通「眼」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

推し

他の人にすすめること。また俗に、人にすすめたいほど気に入っている人や物。「推しの主演ドラマ」[補説]アイドルグループの中で最も応援しているメンバーを意味する語「推しメン」が流行したことから、多く、アイ...

推しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android