短夜(読み)ミジカヨ

デジタル大辞泉 「短夜」の意味・読み・例文・類語

みじか‐よ【短夜】

短い夜。夜明けの早い夏の夜。たんや。 夏》「―や毛むしの上に露の玉/蕪村

たん‐や【短夜】

夏の短い夜。みじかよ。⇔長夜ちょうや

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「短夜」の意味・読み・例文・類語

みじか‐よ【短夜】

  1. 〘 名詞 〙 短い夜。特に、明けやすい夏の夜。《 季語・夏 》
    1. [初出の実例]「霍公鳥(ほととぎす)来鳴く五月の短夜(みじかよ)も独りし寝れば明しかねつも」(出典万葉集(8C後)一〇・一九八一)
    2. 「月は宵過ぐるほどに、待たれて出づる頃なれば、みしか夜の空もかねて物憂きに」(出典:とはずがたり(14C前)四)

短夜の語誌

( 1 )特に、秋の夜長に対していうことが多い。
( 2 )「万葉集」から恋の歌にとりわけ好まれ、明けやすさを惜しみ恨む後朝(きぬぎぬ)の情がしばしば詠まれる。


たん‐や【短夜】

  1. 〘 名詞 〙 短い夜。夏の短い夜。みじかよ。《 季語・夏 》
    1. [初出の実例]「凡諸寺燈油者。大寺用当寺物。〈略〉長夜二合。短夜一合五勺」(出典:延喜式(927)二一)
    2. 「此虫人身を刺傷し短夜(タンヤ)睡間を破り」(出典:安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三)
    3. [その他の文献]〔楚辞‐九章〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「短夜」の意味・わかりやすい解説

短夜【みじかよ】

荻江節曲名成立の詳細は不明。4世荻江露友のころにできたらしい。若くして死んだ人をいたむ追善曲。小曲なので入門用にも用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

普及版 字通 「短夜」の読み・字形・画数・意味

【短夜】たんや

みじか夜。

字通「短」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android