石橋 エータロー(読み)イシバシ エータロー

新撰 芸能人物事典 明治~平成 「石橋 エータロー」の解説

石橋 エータロー
イシバシ エータロー


職業
ジャズ・ピアニスト,料理研究家

本名
石橋 英市

グループ名
グループ名=クレージー・キャッツ

生年月日
昭和2年 10月9日

出生地
東京都 港区新橋

学歴
東洋音楽学校(東京音楽大学)〔昭和24年〕卒

経歴
父は尺八奏者の福田蘭童で、祖父洋画家青木繁。父が、強姦事件を起こした責任をとって母と離婚し、女優の川崎弘子と結婚したため、母の実家である石橋家で育った。母の兄・石橋勝浪は第一次大戦にフランス軍のパイロットとして参戦した飛行家。5歳の頃からピアノを習う。暁星中学に進み、先輩に桜井センリがいた。東洋音楽学校(東京音楽大学)でピアノ、声楽を学んだが、知人の頼みにより進駐軍のクラブで演奏するジャズバンドのピアニストの代理を務めたことがきっかけで、ジャズ・ピアニストに転向植木等や安田伸らとバンドを組んだ後、昭和31年ハナ肇率いるクレージーキャッツに参加。メンバーはリーダーでドラムスのハナ、ボーカルとギターの植木、トロンボーンの谷啓、テナーサックスの安田、ベースの犬塚弘。ジャズメン仲間だった渡辺晋が設立したマネジメント会社・渡辺プロダクションに入り、娯楽の主役がテレビに移行する中でジャズメンからテレビタレントへと転身。34年テレビ初レギュラーとなったフジテレビのコント番組「おとなの漫画」でコミックバンドとして注目を集め、同番組で放送作家の青島幸男と出会う。36年からは日本テレビの歌謡バラエティ「シャボン玉ホリデー」にレギュラー出演、音楽とギャグが同居したナンセンスでスピード感のある笑いは、それまでの落語や漫才、藤山寛美に代表される人情喜劇とは対照的で、日本人の笑いに革命をもたらし、植木の“お呼びでない、こりゃまた失礼致しました”“ハイそれまでョ”、谷の“ガチョーン”“ビローン”といったギャグは一世を風靡した。人気が爆発する直前に結核で倒れ、肋骨を5本切除する手術を受け、1年余の入院生活を経て、復帰。この間、穴埋めのピアニストとして桜井が加入しており、復帰後は桜井と2人でピアノを担当した。45年末、体調を崩したためにクレージーから退団し、料理研究家に転身。東京・渋谷で日本料理店を経営した。著書に「食いしんぼクッキング」「エータローの食いしん坊人生」「画家の後裔」「釣った魚をおいしく食べる」などがある。

没年月日
平成6年 6月22日 (1994年)

家族
父=福田 蘭童(尺八奏者),祖父=青木 繁(洋画家)

親族
叔父=青木 茂(画家),伯父=石橋 勝浪(飛行家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

20世紀日本人名事典 「石橋 エータロー」の解説

石橋 エータロー
イシバシ エータロー

昭和・平成期の料理研究家,タレント



生年
昭和2(1927)年10月9日

没年
平成6(1994)年6月22日

出生地
東京市新橋(現・東京都)

本名
石橋 英市

学歴〔年〕
東洋音楽学校声楽科〔昭和24年〕卒

経歴
東洋音楽学校でピアノ、声楽を学んだ後、ジャズバンドを結成。ピアニストとして数々のバンドを経て、昭和31年クレージーキャッツに加入、ひょうひょうとしたキャラクターで親しまれた。46年フリーとなり、料理研究家に転身。東京・渋谷に日本料理店を経営する傍ら、テレビでも活躍。著書に「画家の後裔―青木繁・福田蘭童そして石橋エータロー」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android