石造(読み)セキゾウ

デジタル大辞泉 「石造」の意味・読み・例文・類語

せき‐ぞう〔‐ザウ〕【石造】

石材建築物彫刻を造ること。また、その造ったもの。いしづくり。「石造の塔」
[類語]木造木製

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「石造」の意味・読み・例文・類語

せき‐ぞう‥ザウ【石造】

  1. 〘 名詞 〙 石でつくること。石材で建築したり製作したりすること。また、そのもの。いしづくり。
    1. [初出の実例]「今草席に坐すと雖も後必ず石造の層楼に住んで」(出典:東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「石造」の読み・字形・画数・意味

【石造】せきぞう

石作り。

字通「石」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の石造の言及

【石造建築】より

…石塊あるいは石材を積んで築いた壁をもつ建築をいう。また,煉瓦壁の表面のみに石材を積んだ壁をもつ建物も,一般に石造と呼んでおり,16世紀以降の石造建築の大半はこの種のものである。 石造建築がつくられる理由は二つある。…

※「石造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android