社殿(読み)しゃでん

精選版 日本国語大辞典 「社殿」の意味・読み・例文・類語

しゃ‐でん【社殿】

〘名〙
本殿拝殿舞殿など、神社境内の主要な建物のこと。祭神を鎮祭する本殿をさすことが多い。
※九冊本宝物集(1179頃)五「五百りゃうの車をかざりて、社殿にまゐりてあはん」
② 歌舞伎囃子の一種太鼓と小銅鑼(どら)の縁とを打ち合わせる。神社などの出入り花見の混雑した情景描写に用いる。壬生狂言鰐口(わにぐち)の縄を引いて鳴らす音を模したもの。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「『まあまあ待って貰ふべい』ト誂のしゃでんの様な鳴物にて、皆々花道へかかる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「社殿」の意味・読み・例文・類語

しゃ‐でん【社殿】

神社の建造物のこと。本殿幣殿拝殿神楽殿などがある。
(「鈔天」「社天」とも書く)歌舞伎下座音楽の一。太鼓と銅鑼どらの縁を打ち合わせる鳴り物で、時代物の花見の場などに用いる。
[類語](1神社やしろみや神殿神廟しんびょう廟宇びょうう神宮鎮守ちんじゅほこら大社稲荷八幡本社摂社末社祠堂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android