神州天馬侠(読み)シンシュウテンマキョウ

デジタル大辞泉 「神州天馬侠」の意味・読み・例文・類語

しんしゅうてんまきょう〔シンシウテンまケフ〕【神州天馬侠】

吉川英治による少年向けの長編冒険小説。武田勝頼遺児、伊那丸を中心とする少年剣士たちが、武田家再興を目指して戦う姿を描いた娯楽活劇。大正14年(1925)から昭和3年(1928)にかけて、「少年倶楽部」誌に連載映画テレビドラマなど、映像化作品多数。
[補説]第二次大戦後の一時期は、神の国(日本)を意味する「神州」という言葉を避けて「新州天馬侠」の表記が用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「神州天馬侠」の意味・わかりやすい解説

神州天馬侠
しんしゅうてんまきょう

吉川英治の長編少年小説。1925年(大正14)5月~28年(昭和3)12月『少年倶楽部(くらぶ)』連載。武田家の再興を願う勝頼(かつより)の遺児・伊那丸(いなまる)と、それを助ける侠党七士――小幡民部(こばたみんぶ)、加賀見忍剣(かがみにんけん)、木隠竜太郎(こがくれりゅうたろう)、咲耶子(さくやこ)、巽小文治(たつみこぶんじ)、山県蔦之助(やまがたつたのすけ)、鞍馬(くらま)の竹童(ちくどう)の活躍する伝奇ロマン。鼻かけ卜斎(ぼくさい)、泣き虫蛾次郎(がじろう)など印象に残る登場人物も多く、山口将吉郎挿絵とともに人気をよんだ。大人ものの世界で旭日(きょくじつ)の勢いを示していた作者の少年小説であり、構想力の豊かさを物語る。

尾崎秀樹

『『神州天馬侠』全3冊(講談社・吉川英治文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「神州天馬侠」の解説

神州天馬侠

吉川英治の少年冒険小説。田坂勝彦監督の同名映画(1952)、萩原章監督の同名映画(1954-1955/四部作)、大西秀明監督・里見浩太郎主演の同名映画(1958/二部作)の原作

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android