祭儀(読み)さいぎ

精選版 日本国語大辞典 「祭儀」の意味・読み・例文・類語

さい‐ぎ【祭儀】

〘名〙 祭の儀式祭祀(さいし)
漆胡樽(1950)〈井上靖〉一「生活がそのまま豪宕(がうたう)な祭儀であり得た時代です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「祭儀」の意味・読み・例文・類語

さい‐ぎ【祭儀】

神仏を祭る儀式。祭祀さいし
[類語]祭り祭礼祭典祭祀栄典祝典祝儀大祭大儀大礼大典典礼盛儀儀式式典

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「祭儀」の読み・字形・画数・意味

【祭儀】さいぎ

祭礼。

字通「祭」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の祭儀の言及

【祭り】より

…古代ギリシア・ローマの密儀はもとより,イエス・キリストの降誕も聖夜に祝われ,謝肉祭や復活祭も夜を徹して行われる。秋祭夏祭春祭冬祭【薗田 稔】
[祭儀と祝祭]
 人間の社会集団においては,その構造を基礎づける超越的な世界像を持つ場合がある。それが,社会によっては超自然的な神の世界だったり,あるいはまた聖なる歴史的過去であったりして一様ではない。…

※「祭儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android