福沢桃介(ふくざわももすけ)(読み)ふくざわももすけ

日本大百科全書(ニッポニカ) の解説

福沢桃介(ふくざわももすけ)
ふくざわももすけ
(1868―1938)

実業家。埼玉県の岩崎家に生まれる。慶応義塾在学中に福沢諭吉(ゆきち)の養子となり、のち娘ふさと結婚。1889年(明治22)北海道炭礦(たんこう)鉄道に入り、以後諸会社に関係し、一時、相場で名をなす。水力電気事業と電気工業の育成に力を注ぐ。1913年(大正2)名古屋電燈(でんとう)常務に復帰、翌年社長に就任。同社はのち東邦(とうほう)電力となる。20年名古屋電燈の製鉄部に端をなす木曽(きそ)電気興業ほかを合併して大同電力を設立し、社長に就任。外債発行によりダム式の大井発電所を竣工(しゅんこう)。東邦電力と大同電力を屈指の電力会社に育て、また大同製鋼ほか多数の会社設立に参画した。代議士にもなるが、28年(昭和3)実業界からの引退を声明

[前田和利]

『大西理平編『福澤桃介翁伝』(1939・福澤桃介翁伝記編纂所)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android