秋霖(読み)しゅうりん

精選版 日本国語大辞典 「秋霖」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐りん シウ‥【秋霖】

〘名〙 秋に降る長雨秋雨。《季・秋》
田氏家集(892頃)中・五年八月雨中上龍門寺「秋霖瀑布聴中増、雲合山昏宜燈」 〔管子度地

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「秋霖」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐りん〔シウ‐〕【秋×霖】

秋の初めに降りつづく雨。秋の長雨。秋雨あきさめ 秋》「―や雫を軒の糸車/桂郎」
[類語]秋雨あきさめ秋雨しゅうう雨天荒天悪天雨空梅雨空雨降り雨催い雨模様遣らずの雨降雨一雨お湿り慈雨山雨小雨涙雨微雨細雨煙雨霧雨糠雨小糠雨大雨・どか雨・篠突く雨風雨暴風雨豪雨強雨雷雨にわか雨通り雨村雨驟雨夕立白雨スコール照り降り雨日照り雨天気雨狐の嫁入り春雨はるさめ春雨しゅんう卯の花腐し五月雨さみだれ五月雨さつきあめ地雨長雨淫雨霖雨涼雨時雨初時雨村時雨氷雨冷雨雨氷酸性雨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「秋霖」の意味・わかりやすい解説

秋霖
しゅうりん

秋の長雨。梅雨は南から北上するが,秋霖は北から始まり南下する。9月半ば頃から 10月上旬頃までに現れ,台風接近と重なり大雨となることもある。東海地方関東地方では降水量が梅雨時期より多くなる。この期間が過ぎると,移動性高気圧が通過しやすくなり,秋晴れが多くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通 「秋霖」の読み・字形・画数・意味

【秋霖】しゆう(しう)りん

秋の長雨。〔管子、度地〕土功を作(な)し、地を發せば、則ち夏に暴雨多く、秋霖止まず。

字通「秋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「秋霖」の意味・わかりやすい解説

秋霖
しゅうりん

秋の長雨をいう。霖は長雨のこと。梅霖といえば梅雨のこと、春霖は春の長雨である。梅雨は南ほど早く始まって北上するが、秋霖は北で早く始まって南下する。降水量は、九州、四国南部などは梅雨のころに多く、東海や関東地方は秋霖のころのほうが多い。秋霖のころはしばしば台風の接近が加わって大雨となることがある。秋霖のころ日本付近に停滞する前線秋雨前線(あきさめぜんせん)という。

[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「秋霖」の意味・わかりやすい解説

秋霖【しゅうりん】

秋雨(あきさめ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳 「秋霖」の解説

秋霖

秋の長雨。おおむね八月後半から一〇月にかけて現れやすい。この頃の雨が秋雨(あきさめ)。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典内の秋霖の言及

【秋雨】より

…秋霖(しゆうりん)ともいい,平均的には9月10日ごろより10月10日ごろまで長く続けて降る。この雨は起こる年と起こらない年とがある。…

【雨】より

…(c)梅雨(ばいう) 6月上旬から7月上~中旬ごろにかけて降る雨。(d)秋雨(あきさめ) 秋霖(しゆうりん)ともいい,平均的には9月10日ごろから10月10日ごろに降る雨。(4)その他 (a)天泣(てんきゆう) 清雨ともいい,雲が上空に存在しないのに降る雨。…

【日本列島】より

…すなわち,冬は北西季節風が卓越するので日本海側では湿潤多雨(雪),太平洋側では乾燥少雨という気候を,また夏は南東季節風の卓越によって高温多湿の気候をつくりだす。南東季節風の吹きはじめと後退する時期には,梅雨と秋霖(しゆうりん)という二つの雨季がある。日本は南方海上から台風が来襲するコースにあたっており,暴風雨,洪水,高潮などが起こりやすい気候帯にある。…

※「秋霖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android