種芋(読み)タネイモ

デジタル大辞泉 「種芋」の意味・読み・例文・類語

たね‐いも【種芋】

種とするため、冬の間貯蔵しておくサトイモ・ジャガイモ・サツマイモなど。芋種 春》「―をゑて二日の月細し/子規
[類語]里芋八頭薩摩芋甘藷ジャガ芋馬鈴薯山芋山の芋長芋自然薯親芋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「種芋」の意味・読み・例文・類語

たね‐いも【種芋】

  1. 〘 名詞 〙 種とする芋。冬の間土中に貯蔵しておき、早春温床に植えて発芽させ、伸びた芽をかきとって畑に挿す。《 季語・春 》
    1. [初出の実例]「種芋や花の盛りに売りあるく〈芭蕉〉」(出典:俳諧・己が光(1692))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android