笑む(読み)エム

デジタル大辞泉 「笑む」の意味・読み・例文・類語

え・む〔ゑむ〕【笑む/咲む】

[動マ五(四)]
にこにこする。笑い顔になる。
「細く長き眼は常に―・めるが如く」〈柳浪黒蜥蜴
花が咲きはじめる。つぼみがほころびる。
果実が熟して裂け開く。
「綿の綺麗に―・んでるのを見て」〈左千夫野菊の墓
[類語]笑う微笑むにこつく目を細める相好を崩す笑い飛ばす笑い崩れる笑いける笑い転げる笑いさざめく嘲笑あざわら薄笑うせせら笑う吹き出すほくそ笑むにたつくにやつく若気にやけやに下がる腹の皮をよじ腹の皮を腹を抱える御中おなかを抱えるおとがいを解く一笑に付す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「笑む」の意味・読み・例文・類語

え・むゑむ【笑・咲】

  1. 〘 自動詞 マ行四段活用 〙
  2. にこにこする。笑顔になる。笑う。
    1. [初出の実例]「はしきよし その妻の子と 朝よひに 恵美(ヱミ)み恵末(ヱマ)ずも うち嘆き」(出典万葉集(8C後)一八・四一〇六)
  3. (つぼみがほころんで花が)咲く。
    1. [初出の実例]「花のゑめるを見れば」(出典:曾丹集(11C初か))
  4. (果実が熟して)裂け開く。〔十巻本和名抄(934頃)〕
    1. [初出の実例]「栗もゑみをかしかるらんと思ふにもいでやゆかしや秋の山里」(出典:建礼門院右京大夫集(13C前))

笑むの補助注記

類義語の「わらふ」は、声を伴うことが多く、「ゑむ」は、声を伴うことがまれである。それは、外発的な力による結果が「わらふ」で、内発的な力による結果が「ゑむ」という意味の相違として説明される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android