篳篥(読み)ヒチリキ

デジタル大辞泉 「篳篥」の意味・読み・例文・類語

ひち‐りき【××篥】

雅楽管楽器の一。奈良初期に中国から伝来した縦笛一種。現在のものは、長さ6寸(約18センチ)の竹管の表に7孔、裏に2孔をあけ、上端あし製の舌を挿入したもの。音は強く、哀調を帯びる。

しちりき【××篥】

ひちりき(篳篥)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「篳篥」の意味・わかりやすい解説

篳篥
ひちりき

雅楽に用いるダブルリードの気鳴楽器。竹製約18センチメートルの管に、舌(した)あるいは蘆舌(ろぜつ)と称する蘆(あし)製の2枚リードを差し込む。口径は太いほうが約1.5センチメートル、細いほうが約4センチメートル。表7孔で裏側に2孔あり、上から順に表孔は丁(てい)・一(いつ)・四(し)・六(りく)・几(はん)・工(こう)・五(ご)、裏孔は⊥(じょう)・無(む)とよばれる。指孔間は樺(かば)巻きといい、桜の皮で巻く。西域(せいいき)起源のチャルメラ系の楽器で、非常に大きな音が出る。日本には大篳篥と小篳篥が伝わったが、9世紀ごろの国風雅楽の成立とともに大篳篥は使われなくなった。舌のくわえ方により自在なメリカリや「塩梅(えんばい)」とよばれる特定の細かい節回しができ、人声に似た表現をすることから「如意管」ともいわれる。習得にはチラロルロ……といった「口唱歌(くちしょうが)」を用い、この仮名譜を実際に歌いながら覚える。日本在来の神楽(かぐら)、催馬楽(さいばら)、朗詠(ろうえい)でも用いられ、各種の笛とともにくっきりした旋律を奏する。

[橋本曜子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「篳篥」の意味・わかりやすい解説

篳篥【ひちりき】

日本のオーボエ属の管楽器。楽器として中国から伝えられ,大部分の雅楽に用いられるようになった。約18cmの竹製の管にアシで作ったダブル・リードを挿入したもの。音域は狭いが音量は大きく,かなり自由なポルタメントを奏することができる。中国の管子(グアンズ),朝鮮半島ピリ同系
→関連項目東遊

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「篳篥」の意味・わかりやすい解説

篳篥
ひちりき

東アジアにおけるオーボエ属 (ダブル・リード) の気鳴楽器。中国では南北朝時代に西域から伝来したものといわれ,唐代の文献には亀茲 (きじ) の楽器としたものもある。唐代の宴楽では,主要な旋律楽器として活躍した。大型の篳篥は管の前面に7孔,背面に2孔の指孔をもつ。宋代以後,劇楽では主要な役割を果すようになり,清代には管子と呼ばれる8孔 (前7孔後1孔) が普及した。朝鮮では,初め唐楽とともに9孔の楽器が用いられ,のちに8孔になった。郷ひち篥,唐ひち篥,細ひち篥の3種がある。日本では,雅楽の旋律楽器として中国伝来の大篳篥と小篳篥が用いられたが,今日では普通,小篳篥をさして「ひちりき」と呼んでいる。奈良時代には唐楽に,平安時代以後は左方唐楽,右方高麗 (こま) 楽のほか,御神楽 (みかぐら) ,催馬楽 (さいばら) ,朗詠,東遊 (あずまあそび) にいたるまで広く用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「篳篥」の解説

篳篥
ひちりき

笳管(かかん)とも。雅楽の主要旋律を演奏するダブルリードの管楽器。奈良初期に中国から伝来。古くは大篳篥があったが平安中期に絶えた。長さ18cmほどの竹に表7孔,裏2孔をあけ,樺巻(かばまき)をほどこす。上部に芦製の芦舌(ろぜつ)をいれて強く吹く。指遣いをかえずになめらかに音を変化させる塩梅(えんばい)という技巧が特徴。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

普及版 字通 「篳篥」の読み・字形・画数・意味

【篳篥】ひつりつ・ひちりき

栗。

字通「篳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android