紛然(読み)ふんぜん

精選版 日本国語大辞典 「紛然」の意味・読み・例文・類語

ふん‐ぜん【紛然】

〘形動タリ〙 入り乱れているさま。入り混じってごたごたしているさま。
三国伝記(1407‐46頃か)七「諸の比丘何と無き事を論して闘諍すること紛然たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「紛然」の意味・読み・例文・類語

ふん‐ぜん【紛然】

[ト・タル][文][形動タリ]物事が入り乱れてごたごたしているさま。「紛然たる様相」
とむらいを見る、送るもの―として雲の如し」〈露伴・日ぐらし物語〉
[類語]しっちゃかめっちゃかはちゃめちゃ乱雑雑然乱脈紛紛繚乱蕪雑ぶざつ狼藉卍巴まんじともえ不統一ごっちゃごちゃまぜごちゃごちゃごしゃごしゃごじゃごじゃごたごためちゃくちゃまぜこぜ支離滅裂かなえの沸くが如し上を下へ蜂の巣をつついたよう押すな押すな押し合いへし合い混乱錯綜錯乱混沌錯雑交錯混線混同混交混迷ごた混ぜどさくさこんがらかる紛れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「紛然」の読み・字形・画数・意味

【紛然】ふんぜん

いり乱れるさま。〔漢書、芸文志序〕戰國從衡(縦横)、眞僞爭し、子の言、然として亂(かうらん)す。秦に至りて之れを患(うれ)へ、乃ち燔滅して、以て黔首(けんしゆ)を愚にす。

字通「紛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android