紫綬(読み)しじゅ

精選版 日本国語大辞典 「紫綬」の意味・読み・例文・類語

し‐じゅ【紫綬】

〘名〙
印璽(いんじ)紫色の組ひも。
菅家文草(900頃)五・紫藤「高閣藤花次第開、疑看紫綬向風廻」 〔漢書‐百官表上〕
勲章褒章などをつる紫のひも。「紫綬褒章
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉四「緑綬紅綬紫綬、あり丈の褒賞頂かせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「紫綬」の意味・読み・例文・類語

し‐じゅ【紫×綬】

印や勲章・褒章などに用いる、紫色の組紐、またはリボン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「紫綬」の読み・字形・画数・意味

【紫綬】しじゆ

紫色の印綬高官が佩びる。唐・西川の杜司空の鎮に赴くを送る〕詩 眉玄髮、ほ依然たり 紫綬金、五十年

字通「紫」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android