綱紀粛正(読み)こうきしゅくせい

精選版 日本国語大辞典 「綱紀粛正」の意味・読み・例文・類語

こうき‐しゅくせい カウキ‥【綱紀粛正】

〘名〙 国家規律を整え、施政不正を戒め正すこと。
街頭の風(1930)〈北村寿夫決心綱紀粛清(カウキシュクセイ)とか何だとか理想的な看板をかかげてゐる彼等から」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「綱紀粛正」の意味・読み・例文・類語

こうき‐しゅくせい〔カウキ‐〕【綱紀粛正】

[名](スル)国家の規律や秩序、また政治のあり方や政治家役人態度を正すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

四字熟語を知る辞典 「綱紀粛正」の解説

綱紀粛正

国家の規律を整え、政治の不正を戒め正すこと。また、一般に規律を正すことをいう。

[使用例] 綱紀粛清とか何だとか理想的な看板をかかげている彼らから[北村寿夫*街頭の風|1930]

[解説] 「綱紀」は大綱小綱のことで、国家を治めるに当たっての規律。「粛正」は厳密に正すこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android