習練(読み)シュウレン

デジタル大辞泉 「習練」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐れん〔シフ‐〕【習練】

[名](スル)よく練習すること。「書写習練する」
[類語]勉強学習勉学研鑽けんさん勤学研修研学修学修業しゅぎょう・しゅうぎょう修練稽古けいこ学業復習学問学ぶ練習訓練特訓トレーニングリハーサルらし下稽古したげいこ温習おさらい演習エクササイズゼミナールフィールドワークレッスンゲネプロ寒稽古通し稽古舞台稽古立ち稽古稽古事鍛錬練磨練成修業教練試練

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android