肌膚(読み)きふ

精選版 日本国語大辞典 「肌膚」の意味・読み・例文・類語

き‐ふ【肌膚】

〘名〙 はだ。はだえ。皮膚
本朝無題詩(1162‐64頃)二・賦残菊〈大江匡房〉「鬘髪雪鎖忘晩暮、肌膚波変省珪璋
養生訓(1713)六「春は陽気発生し、〈略〉人の肌膚(キフ)和して、表気やうやく開く」 〔荘子‐逍遙遊〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「肌膚」の意味・読み・例文・類語

き‐ふ【肌膚】

はだ。皮膚。
[類語]皮膚かわはだはだえ地肌じはだ上皮うわかわ外皮がいひ表皮ひょうひスキン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「肌膚」の読み・字形・画数・意味

【肌膚】きふ

はだ。〔荘子、逍遥遊〕姑射(ばくこや)の山にりて居る。肌膚冰(ごと)く、綽(しやくやく)として處子のし。五はず、風をひ露を飮む。

字通「肌」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android