肝心要(読み)カンジンカナメ

デジタル大辞泉 「肝心要」の意味・読み・例文・類語

かんじん‐かなめ【肝心要】

[名・形動]《「肝心」をさらに強めた語》非常に大切なこと。また、そのさま。「肝心要な(の)時にいないなんて」
[類語]大事重要大切肝心肝要切要緊要喫緊重大主要須要しゅよう必須ひっす不可欠貴重珍重枢要かなめきも有意義意義深い千金耳寄り掛け替えのない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android