背離(読み)ハイリ

デジタル大辞泉 「背離」の意味・読み・例文・類語

はい‐り【背離】

[名](スル)そむきはなれること。「民衆感情背離する」
[類語]乖離離反離れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「背離」の意味・読み・例文・類語

はい‐り【背離】

  1. 〘 名詞 〙 そむきはなれること。
    1. [初出の実例]「かの相背離せる客観と主観との矛盾を如何にして統治解決すべきかと云ふ旧来の問題が」(出典:文芸上主客両体の融会(1907)〈相馬御風〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「背離」の読み・字形・画数・意味

【背離】はいり

そむき去る。

字通「背」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android