自著(読み)じちょ

精選版 日本国語大辞典 「自著」の意味・読み・例文・類語

じ‐ちょ【自著】

〘名〙 自分著書。自分が書き著した書物
童子問(1707)中「恵王一篇。〈略〉予故謂此篇必是孟子之自著」
毒薬を飲む女(1914)〈岩野泡鳴〉一「印刷を終った自著『新自然主義』がいよいよ世間に出た当座の意気込みもあったし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「自著」の意味・読み・例文・類語

じ‐ちょ【自著】

自分が書き著した書物。
[類語]著書著作著述述作著す著作物原著主著近著新著旧著前著前書単著共著

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android