芦田修正(読み)アシダシュウセイ

デジタル大辞泉 「芦田修正」の意味・読み・例文・類語

あしだ‐しゅうせい〔‐シウセイ〕【×芦田修正】

昭和21年(1946)年8月、憲法改正草案を審議する日本政府憲法改正小委員会において委員長芦田均が第九条二項冒頭に「前項目的を達するため」という文言を挿入する修正を行ったことを指す。→日本国憲法第九条
[補説]修正の意図は明らかにされていないが、これによって自衛権保持や国際安全保障への参画が可能になったとする見方もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芦田修正の言及

【芦田均】より

…第2次大戦の遠因と近因を解明する内容の《最近世界外交史》《第二次世界大戦外交史》を著した。この外交史の把握が背景となって,戦後,日本国憲法第9条に自衛権を認めさせる含意の〈芦田修正〉がなされている。リベラリストとしての評価を受けた芦田は占領体制下の政界で活躍した。…

※「芦田修正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android