花穂(読み)カスイ

デジタル大辞泉 「花穂」の意味・読み・例文・類語

か‐すい〔クワ‐〕【花穂】

花が稲穂のように、長い花軸に群がってつく花序

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「花穂」の意味・読み・例文・類語

か‐すいクヮ‥【花穂】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 花序(かじょ)。中でも一本の軸に多数の花が密に付いて穂状に見えるものをさすことが多い。
  3. すいじょうかじょ(穂状花序)
    1. [初出の実例]「繊毛が風に立ち、花穂の周囲に戯れて、それから遠い空間に撒開した」(出典:野火(1951)〈大岡昇平〉一〇)
  4. 茎頂に叢生する胞子葉

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典 「花穂」の解説

はなほ【花穂】

「花穂じそ」の略。⇒花穂じそ

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android