苦心(読み)クシン

デジタル大辞泉 「苦心」の意味・読み・例文・類語

く‐しん【苦心】

[名](スル)物事を成し遂げようといろいろ試みたり考えたりして苦労すること。「苦心苦心を重ねる」「苦心が実る」「苦心して作る」
[類語]腐心苦慮鏤骨苦労骨折りろう労苦辛苦辛労心労煩労艱苦かんく艱難かんなん苦難辛酸ひと苦労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「苦心」の意味・読み・例文・類語

く‐しん【苦心】

  1. 〘 名詞 〙 ある物事をうまくなしとげようとしてあれこれと考えて苦労すること。苦慮。腐心。
    1. [初出の実例]「自幼隷相国、苦心篤学、罕見其比」(出典:補庵京華続集(1480‐82)前住相国雪菴和尚慈容)
    2. 「作者の苦心(クシン)、ここに説きも竭(つく)すべからず」(出典:読本椿説弓張月(1807‐11)拾遺)
    3. [その他の文献]〔淮南子‐原道訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「苦心」の読み・字形・画数・意味

【苦心】くしん

心を苦しめる。苦慮する。晋・陸機〔馮文羆に贈る〕詩 佇立して塗をめば 悠悠として迴(はる)かにして且つ深し 索(離別)は古より悲しむ 志士心多し

字通「苦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android