草苞に国傾く(読み)くさづとにくにかたむく

精選版 日本国語大辞典 「草苞に国傾く」の意味・読み・例文・類語

くさづと【草苞】 に 国(くに)(かたむ・かたぶ)

賄賂がはなはだしく横行すると国が滅びる。
※玉塵抄(1563)四四苞苴(しょ)の礼と云ことあり。ここらに草づとに国かたむくと云ことぞ」 〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典 「草苞に国傾く」の解説

草苞に国傾く

わいが横行すると、国が滅びる。

[解説] 「草苞」は、草で包んだ土産物の意で、賄賂・進物をさす。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android