草餅(読み)クサモチ

デジタル大辞泉 「草餅」の意味・読み・例文・類語

くさ‐もち【草餅】

ゆでたヨモギの葉などをまぜてついた餅。雛祭りに供える。古くはハハコグサを用いた。よもぎ餅。くさもち。くさもちい。 春》「―や足もとに著く渡し舟/風生
[類語]餅菓子菓子大福大福餅栃餅柏餅桜餅道明寺葛切り葛餅葛桜わらび鶯餅求肥ぎゅうひ求肥飴ぎゅうひあめ素甘すあま柚餅子ゆべし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「草餅」の意味・わかりやすい解説

草餅
くさもち

餅菓子の一種。ハハコグサやヨモギなどを入れて搗(つ)いた餅。平安時代には3月3日婦女子がハハコグサを採取して蒸し、餅に搗き込んだことが『文徳実録(もんとくじつろく)』の850年(嘉祥3)に記されている。6世紀に著された中国の『荊楚歳時記(けいそさいじき)』には、3月3日にハハコグサ(漢名は鼠麹菜(そきくさい))の汁を蜜(みつ)とあわせ粉に和するとあり、これを食すれば邪気を払い、疫病にかからないとされた。ハハコグサのかわりにヨモギを用いるようになったのは室町時代からとみられ、幕府は、将軍に対面する諸侯に、この日よもぎ餅と杯を下賜している。また江戸時代初期の雛(ひな)遊びには、毛氈(もうせん)などの上に紙雛を並べ、駕籠(かご)、屏風(びょうぶ)、銚子(ちょうし)、行器(ほかい)とともによもぎ餅を入れた絵櫃(えびつ)を飾ったが、幕末近くなると絵櫃は廃れ、菱台(ひしだい)に菱餅を飾るようになった。菱餅は、よもぎ餅を中心に白・青・紅、白・青・黄などが三重あるいは五重に飾られた。3月3日を草餅の節供ともいうほど、行事における草餅の意義は大きい。各地の門前町の名物土産に草餅、草団子があるのも、邪気を払う縁起物だからであるが、一般的にはほろ苦みと春の香気を伝える餅菓子として餡(あん)餅やきな粉餅にした草餅が賞味されてきた。

 草餅の製法には2通りある。一つは、蒸した糯米(もちごめ)とヨモギを搗き混ぜて餅としたもので、主として切り餅に供され、菱餅もこの製法による。もう一つは、粳(うるち)米粉をこねて蒸し、別にゆでて細かく刻んだヨモギを混ぜ、搗き上げたもので、餡餅などに用いる。昔は京坂でよもぎ餅、関東で草餅と称した。

[沢 史生


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「草餅」の意味・わかりやすい解説

草餅 (くさもち)

ヨモギの葉をつきこんだ餅。《荆楚歳時記》によると,6世紀ごろの中国では3月3日にハハコグサの汁と蜜(みつ)を合わせ,それで粉を練ったものを疫病よけに食べる習俗があった。これが伝えられたのであろう,平安初期の日本でも3月3日の節供にはハハコグサ入りの餅をつくっていた。それがいつヨモギに変わったかは明らかでないが,三条西実隆は天文2年(1533)3月3日に〈蓬餅(よもぎもち)〉をもらったことを記録している。現在の草餅には2種類あり,一つは蒸したもち(糯)米にヨモギをつきこんだもので,雛祭のひし餅とする。もう一つは,ゆでたヨモギをすりつぶし,蒸した上糝粉(じようしんこ)に加えてついたもので,中にあんを入れたり,小型のだんごにして,あんやきな粉をつける。東京柴又の草だんごは後者。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「草餅」の意味・わかりやすい解説

草餅【くさもち】

ゆでたヨモギの若葉をすりつぶし,餅につき入れたり,上【しん】粉(じょうしんこ)にねり込んだもの。緑色で特有の香味をもち,餡(あん)を包んだり切餅にしたりする。ひし形に切って雛祭(ひなまつり)の供え物にもする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典 「草餅」の解説

くさもち【草餅】

よもぎの若葉をゆでてすりつぶしたものや粉末にしたものなどを混ぜて搗(つ)いた緑色の餅(もち)。3月3日の桃の節句に用いる。◇中国の風習が平安時代初期に伝来、当初はははこ草を使用した。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「草餅」の意味・わかりやすい解説

草餅
くさもち

餅菓子の一種。よもぎをゆでて餅につき込んだもので,3月3日の上巳の節供に食した。古くはほうこ草が用いられ,室町時代中期頃からよもぎを用いるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の草餅の言及

【ヨモギ(艾∥蓬)】より

…春,荒地の枯草の中にいち早く緑色の姿を見せるのがヨモギ(カズザキヨモギ)A.princeps Pamp.である。この若苗を摘んで,ゆでて,餅に入れたものが草餅,だんごに入れたものがよもぎだんご(草だんご)である。独特の風味があり,なつかしさを覚える春の風物詩である。…

※「草餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android